/

この記事は会員限定です

対米投資の新規制始動

米委員会の権限強化 事前申告を義務化

[有料会員限定]

米国が安全保障を理由に外国企業による自国企業のM&A(合併・買収)などの監視を強めている。対米外国投資委員会(CFIUS)の権限を強化する新法が8月に成立したのを受け、外資が半導体など27業種に出資する場合、事前申告を義務付ける新規制が11月から先行導入された。中国企業を封じ込める狙いがあるとみられるが、日本企業も影響は避けられない。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1730文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン