立地に雰囲気、管理負担少なく こだわりシニアの墓選び
樹木葬や納骨堂、見学・講座で吟味

2018/11/15付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

墓をつくったり、引っ越したりするときに樹木葬の墓や納骨堂を選ぶ人が増えている。こだわりは立地や雰囲気が良く、しかも価格は抑えめで管理の負担が少ないこと。霊園巡りのツアーや終活講座などに参加して墓を見る目を磨いているシニアもいる。

東京都大田区の村上由香さん(59)は10月下旬、同港区にある浄土宗寺院の道往寺を訪れた。この日「十夜法要」という念仏会に参加したのは村上さんら50人ほど。法要が終わると…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]