/

この記事は会員限定です

中期経営計画開示の「リスク」

[有料会員限定]

多くの企業では中期経営計画(中計)の策定作業真っ盛りである。コーポレートガバナンス・コード(CGC)でも、開示の充実が求められるところだ。一方、中計不要論も根強い。いわく「総花的である」「細かすぎる」「欧米企業には無い」。どれももっともだが、欧米企業が中計を出さないのは、戦略を立てていないからではない。開示のリスクを知っているからだ。コミットして未達だったら経営陣のクビが飛びかねない。

日本企業...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り557文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません