2018年12月12日(水)

タイヤ IoTの足場に
ブリヂストン、センサーで走行分析 保守や自動運転、視野

2018/11/14付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

タイヤ世界首位のブリヂストンが自動運転やカーシェアリングの普及をにらんだ経営にカジを切った。注力するのは、タイヤにセンサーを付けて走行状況を分析するデータビジネスだ。タイヤの製造・販売だけでは激化する競争に勝ち残れないとの危機感が背中を押す。あらゆるモノがネットにつながるIoT時代に、保守などのサービスで稼ぐ基盤を整える。

自動車の必需品であるタイヤは新車販売の浮き沈みがあっても、交換用の需要を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報