ペンス氏「貿易に障壁」と不満 TAGの認識もズレ

2018/11/14付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

ペンス米副大統領は13日の安倍晋三首相との共同記者発表で、日米の貿易について「米国はあまりにも障壁に直面している」と日本への不満を表明した。日米の物品貿易協定(TAG)の交渉が終われば「サービスを含む主要分野で新たな条件を設けることになる」と指摘した。

来年1月以降に始まるTAG交渉を巡って日米の認識のズレが浮かび上がった。日本政府はTAG交渉は自動車や農産品などモノを中心にする協定と国内で説明…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]