/

この記事は会員限定です

米大型減税、ドル高要因に

海外の利益還流 年末にかけ需給逼迫 追加利上げも後押し

[有料会員限定]

年末に一段のドル高が進む兆しが出ている。米トランプ政権が2017年末に導入した米企業向けの大型減税の影響で、海外で稼いだ資金をドルに還元する需要が増えるとの見方からだ。トランプ大統領の一連の政策はドルの需給を引き締める方向に働きやすい。米連邦準備理事会(FRB)による12月の追加利上げ観測もこうした見方の支援材料となりそうだ。

「18年末のドル高は『レパトリ減税』が変数になる」。こう話す市場関係...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り981文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません