軽減税率 尽きぬ疑問(1) 屋台のベンチで食べるケバブは? 「外食」に当たるかが重要

2018/11/14付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

2019年10月に消費税率が10%に上がるのに合わせて導入される軽減税率。食料品などの税率を8%に据え置く制度だが、どんな場合が対象なのか線引きがわかりにくい。国税庁は細かい事例ごとに考え方を紹介しているものの、事例が増えるほどかえって難解な印象が増す。尽きぬ疑問への考え方を整理した。

 会社の近くに来ている屋台で昼食用にケバブを買いました。会社には戻らず屋台のベンチで食べるつもりですが、その…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]