2018年12月14日(金)

不動産、収益拡大 息切れ感
今期、市況の上昇一服 三井不は一転最高益に

2018/11/10付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

不動産ブームの終わりは近い――。こんな兆しが、不動産大手が9日までに発表した2018年4~9月期(上期)の連結決算に表れている。ここ数年は各社とも不動産価格の上昇を追い風に収益を拡大してきたが、今期は息切れ感が目立つ。今後は東京都心のオフィスビルなど優良資産をどれだけ保有するかで、収益力の格差が広がりそうだ。

三井不動産は9日、19年3月期通期の純利益見通しを5%増の1630億円と、従来予想から…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報