青山商事、今期純利益下振れ

2018/11/10付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

青山商事は9日、2019年3月期の連結純利益が前期比44%減の64億円になる見通しだと発表した。従来予想(1%減の114億円)を49億円引き下げた。主力の紳士用スーツが苦戦したほか、西日本豪雨に伴う災害損失や不採算店舗の減損損失も響く。年間配当は前期比70円減の100円と従来予想から60円減らす。

売上高は1%減の2527億円と…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]