2018年12月11日(火)

ゼロから解説株式「低ボラティリティー」戦略 値動き小さい銘柄、相場波乱時は底堅く

2018/11/10付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

最近、株式相場の変動が大きくなる日が増えています。波乱相場の中では、値動きの小さな銘柄でポートフォリオを構成する方が良好な運用成果をもたらすという説があります。低ボラティリティー戦略などと呼ばれますが、どんな手法なのでしょうか。

投資の世界でよく使うボラティリティーという言葉は価格変動の度合いを示します。ボラティリティーが高いといえばその株式は値動きが荒く、低いといえば値動きが鈍いことを意味しま…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報