/

この記事は会員限定です

不適切な経理処理1156億円

厚労省が件数最多

[有料会員限定]

会計検査院が2017年度決算の検査報告で指摘した不適切な経理処理は計約1156億円(374件)だった。金額は過去10年間で2番目に少なく、件数は最少という。補助金の不正受給など法令違反に当たる「不当事項」は75億円(292件)に上った。

省庁・団体別で指摘件数が最も多かったのは、厚生労働省の95件。総務省(51件)、農林水産省(42件)、国土交通省、文部科学省(いずれも32件)が続いた。

指摘金額...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り274文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン