/

この記事は会員限定です

特許の価値、三菱電機が首位

17年度4年連続、車の運転支援に評価

[有料会員限定]

特許調査・分析のパテント・リザルト(東京・文京)は9日、2017年度に国内で登録された特許の価値を評価した「特許資産規模ランキング」を発表した。首位の三菱電機は4年連続で、自動車の制御技術などで評価の高い特許が目立った。ランキングの上位には、人工知能(AI)の利用などを進める電機や自動車メーカーが並んだ。

ランキングは17年度に特許庁に登録された特許を対象に調べた。早く登録されるように求める早期...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り516文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン