2018年11月16日(金)

年金抑制策で国の負担3.3兆円減 検査院試算 デフレ下でも実施なら 

2018/11/9付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

会計検査院は9日、国の2017年度決算の検査報告をまとめた。その中で公的年金の給付額を抑える「マクロ経済スライド」について試算した。仕組みが導入された2004年度から毎年度発動したと仮定すると、国の負担が累計3.3兆円削減できたことが判明した。実際の発動は1度だけ。検査院は「適切な給付水準の調整が年金財政にとって重要だ」と指摘した。(関連記事を社会2面に

年金額は賃金や物価の変動に合わせて毎年…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

マクロ経済スライドとは[有料会員限定]

2018/11/9付

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報