/

この記事は会員限定です

杏林大学名誉学長 跡見裕(5)

恩師に頂いたネクタイ

[有料会員限定]

恩師の森岡恭彦教授は能力を公平に評価する人であり、「フェアであれ、正直であれ」ということを学んだ。森岡先生の薫陶をもとに、杏林大学での赴任あいさつで私は「正直で上品な外科医を目指そう」と話した。森岡先生に頂いたネクタイは今も大事にとってあり、見る度に同僚や患者に対する先生の優しく真摯な姿勢を思い出す。

森岡先生と付き合いの深いカリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)に客員研究員として留学...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り594文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン