2018年12月11日(火)

新興国の通貨安が重荷

2018/11/9付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

米金利上昇を受けて下落が加速している新興国通貨も自動車メーカーにとって業績の重荷になっている。

スズキは18年4~9月期の営業利益が前年同期比15%増の1984億円と過去最高益だったが、長尾正彦取締役は「新興国通貨安で業績にブレーキがかかりだした」と顔を曇らす。通貨安は現地通貨から円に換算する利益が目減りするほか、海外からの部材や燃料の調達費もかさむことになるからだ。

4~9月に前年同期に比べ円…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

車、貿易戦争の影じわり[有料会員限定]

2018/11/9付

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報