2018年11月17日(土)

機械受注、10年ぶり高水準 7~9月0.9%増 運輸など好調

2018/11/8付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

内閣府が8日発表した7~9月期の機械受注統計によると、民間設備投資の先行指標となる「船舶・電力を除く民需」の受注額(季節調整値)は2兆7023億円と前期比0.9%増だった。5四半期連続で前期比プラスとなり、10年ぶりの高い水準となった。9月単月は受注一服や自然災害などで大きく落ち込んだが、堅調な投資需要から内閣府は10~12月期も受注増を見込んでいる。

7~9月期の受注額はリーマン危機直前の20…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報