/

この記事は会員限定です

東芝、成長投資1.7兆円

5年計画、インフラやIoT重点

[有料会員限定]

東芝は8日、半導体メモリー事業の売却などで経営危機を脱してから初となる中期経営計画を発表する。人員削減などの合理化に加え、5年間で設備投資と研究開発費に1兆7000億円を投じて成長事業を育成する方針も打ち出す。収益をけん引していたメモリー事業がなくなり、新しい柱をどうつくるかが今後5年間のポイントになる。(1面参照

同社は2019年3月期(今期)に設備投資1350億円、研究開発費1800億円の計...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り622文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン