円高抑える原油安
米実質金利押し上げ、ドル買い促す 中間選後の米経済焦点

2018/11/8付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

貿易戦争など世界経済のリスクが意識される中、足元の原油安が円高・ドル安の進行を抑えている。原油安を受け、米国の物価上昇期待を加味した実質金利が今年最高の水準に上昇し、ドル買いを促しているためだ。原油安は円高要因になることもあるが、今は円安圧力をもたらしており、米中間選挙の結果を受けた今後の円相場にも影響しそうだ。

6日のニューヨーク・マーカンタイル取引所で原油先物のWTI(ウエスト・テキサス・イ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]