/

この記事は会員限定です

英検にAI採点を導入 「話す」「書く」自由回答もOK

部分点の判定 人と同等

[有料会員限定]

2019年度から、実用英語技能検定(英検)で人工知能(AI)を使った自動採点が始まる。書く力をみる「ライティング」や話す力をみる「スピーキング」の一部が対象で、従来の人による採点と組み合わせて時間短縮や精度向上などにつなげる。部分点の与え方などを学んで傾向をつかみ、人を介した採点と遜色ない水準だという。AIによる採点は今後、どこまで広がるのだろうか。

採点システムは、英検を運営する日本英語検定協...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1448文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン