/

この記事は会員限定です

予算論戦「入管法」に集中

外国人労働者の規模・業種が論点に

[有料会員限定]

2018年度第1次補正予算を巡る国会審議は、外国人労働者の受け入れを拡大する出入国管理法改正案に集中した。受け入れ規模や対象業種などが論点となった。

入管法改正案は2019年4月に新在留資格「特定技能」を設け、単純労働で初めて外国人の就労を認める内容。安倍晋三首相は衆参の予算委員会で「真に必要な分野に限り即戦力となる外国人を受け入れる」と理解を求めた。どの程度の規模で外国人労働者を受け入れること...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り478文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン