「大統領をチェック」「司法に影響力保つ」 米メディア、評価割れる

2018/11/8付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

6日投開票の米中間選挙の結果を受けた米国の報道はリベラル系と保守系のメディアで評価が分かれ、この国の社会の分断を改めて映し出した。

上院は共和党が多数を維持、下院は民主党が8年ぶりに過半数を奪回した。これについてリベラル系は、CNN(電子版)が「民主が下院を制し、トランプ大統領へのチェック機能を行使することになった」と指摘。ニューヨーク・タイムズ紙も「反トランプのうねりが極めて高い投票率につなが…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]