/

この記事は会員限定です

光でがん攻撃の仕組みを解明 米国立研究所など

新療法の普及に道

[有料会員限定]

米国立がん研究所の小林久隆主任研究員や北海道大学の小川美香子教授は、光を使ってがんを攻撃する新しい治療法の仕組みを解明した。がん細胞に付いた分子が光で変形し、がん細胞を攻撃していた。新治療法の普及につながる。島津製作所などとの研究成果で、米科学誌ACSセントラルサイエンスに7日掲載される。

光を使う「光免疫療法」は副作用が少ない新しいがん治療法として、日米で臨床試験(治験)が進む。がん細胞にくっつ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り290文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン