平成Politics30 改元・代替わり 新元号発表、小渕氏が発案 元内閣官房副長官 石原信雄氏に聞く

2018/11/21付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

天皇陛下の退位と皇太子さまの新天皇即位まであと半年を切った。政府は一連の儀式や改元に向け準備を加速させる。「平成」への代替わりの際に事務の官房副長官を務めた石原信雄氏に当時の苦労などを聞いた。

――昭和天皇は1988年9月に吐血しました。

「当時、元号問題を担当していた的場順三内閣内政審議室長から『すぐに報告したい』と私に電話があった。的場氏が翌日、首相官邸で竹下登首相や小渕恵三官房長官に、新元…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]