/

この記事は会員限定です

仮想通貨 宴の後(中)利益優先 顧客保護おざなり

安全策、足並みそろわず

[有料会員限定]

「なにも説明がないじゃないか」。10月10日、テックビューロ(大阪市)が同社の仮想通貨交換事業「Zaif」をフィスコグループに譲渡すると発表すると、交流サイト(SNS)で怒りの声が上がった。

事の発端は9月14日にさかのぼる。「あれ、おかしいな」。ある30代のブロガーがZaifから自分の電子財布に仮想通貨の出金を指示したところ、エラーが何度も表示された。その裏でテックビューロは不正アクセスにさらさ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1085文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン