/

この記事は会員限定です

杏林大学名誉学長 跡見裕(3)

大学時代のテニスラケット

[有料会員限定]

1963年に大学に入る時、高校の同級生の女子が「私はテニス部に入るので跡見君もテニス部に入りなさい」と言う。当時の皇太子殿下と美智子妃殿下がテニスを通じて親しくなったことでテニスがブームになりつつあった。

同級生に言われるがままに東京大学の体育会のテニス部に行くと、50~60人いた入部希望者のほとんどが未経験者。さすがに上級生はうんざりしていた。

当時私は、和敬塾という学生寮に住んでいた。東京・...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り649文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン