/

この記事は会員限定です

データ経済、規制手探り 独禁法適用案を公表

情報寡占や流出…消費者保護の網広げる

[有料会員限定]

政府は5日、プラットフォーマーと呼ばれるIT(情報技術)大手への規制案を公表した。データの寡占を防ぐため、M&A(合併・買収)の審査などのルールを整備し、独占禁止法上の「優越的地位の乱用」が適用できる可能性も示した。欧州では人工知能(AI)への規制案がまとまりつつあり、経済のデジタル化によって各国・地域が新たな経済ルールづくりを迫られている。

各国が新たな規制の論議を急ぐのは、データエコノミーの進...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り663文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン