トキ放鳥開始から10年 野生下で370羽に復活 病気への抵抗力など課題

2018/11/6付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

国の特別天然記念物トキが2008年9月に新潟県佐渡市で初めて放鳥されて10年が過ぎた。トキがすみやすい環境を整備したこともあり、野生下に生息する個体数は推定約370羽にまで復活。しかし遺伝的に近いため抵抗力の弱さが指摘されるほか、農業への被害も出ており、住民との共生という課題もある。

トキは日本を含む東アジア一帯に生息していたが、「とき色」と表される薄桃色の美しい羽根が装飾品に利用されたり、稲を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]