/

この記事は会員限定です

三菱商事、入社10年で課長に

人事制度刷新、若手抜てきしやすく

[有料会員限定]

三菱商事は2日、2022年3月期までの中期経営戦略を発表した。約20年ぶりに人事制度を刷新し、入社10年目程度の若手を抜てきしやすくする仕組みを導入する。デジタル化など経営環境の変化に対応し、年齢にかかわらず最適な人材が事業を指揮できるようにする。22年3月期の連結純利益の目標は9000億円(18年3月期は5601億円)を掲げた。

これまで子会社のトップや本社の課長級になるには、早くても入社から20年程度...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り301文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン