ゲノム編集、管理緩やかに 東京大学特任講師 松尾真紀子氏

2018/11/2付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

遺伝子を効率よく操作できる「ゲノム編集」技術の農作物利用を巡り国がどのように規制するのがよいか議論されている。食品の安全性を保つために厳しい審査が必要とする主張から、新たな規制は不要とする意見まで幅広い考え方がある。新興技術と政策に詳しい松尾真紀子東京大学特任講師は「研究開発を妨げず健康リスクなどにも対応できる、バランスの取れた管理が大切になる」と説く。

ゲノム編集を使って農作物などを改良する…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]