/

この記事は会員限定です

ドイツ二大政党の落日

州議会選で連敗、メルケル氏が党首辞任 民意多様化・宗教離れで票分散

[有料会員限定]

ドイツのメルケル首相が保守系与党の党首辞任に追い込まれた。政権を支える二大政党が地方選で連敗したからだが、その背景にあるのは政権批判だけではない。ドイツ社会の国際化や宗教離れで、有権者の価値観が大きく変わったことが底流にある。二大政党を軸とした政党システムから群雄割拠の多党制へ。ドイツ政治が歴史的な転換点を迎えたことで欧州に地殻変動をもたらす。

ドイツの戦後政治を担ってきたのは保守系のキリスト教民...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1460文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン