/

この記事は会員限定です

県、機能性食品の新研究棟 工技センターに3.6億円投資

民間企業にも開放、成長分野への参入促す

[有料会員限定]

長野県は2019年3月、県工業技術総合センターの食品技術部門(長野市)に、機能性食品の研究開発棟を新たに設ける。県での独自研究に利用するほか、県内の食品関連企業の利用も促す。健康に良い食品やタブレット錠剤などを製造する企業を後押しして産業振興につなげるほか、「健康県」としてのPRにつなげる。

工業技術総合センターの敷地内にある「しあわせ信州食品開発センター」の新棟として「機能性食品開発拠点」を設け...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り691文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン