/

この記事は会員限定です

金利収益依存 脱却狙う 三菱UFJ信託が豪社買収

成長市場で富裕層に的

[有料会員限定]

三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)が海外運用会社の大型買収に動く背景には、法人融資など伝統的な金融ビジネスモデルから脱却する狙いがある。邦銀は近年、融資を中心に海外事業の拡大を続けてきた。世界的に低金利が続くなかで融資で資産を拡大させる戦略は転換を迫られている。(1面参照

「国内で圧倒的なナンバーワンになる」。MUFGが7月に開いた投資家説明会。アセットマネジメントのM&A(合併・買収)方針を問われた幹部は強気だった...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り790文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン