/

この記事は会員限定です

上場区分 見直し着手

東証、懇談会設置へ 投資家に使いやすく

[有料会員限定]

日本取引所グループ(JPX)傘下の東京証券取引所は29日、上場市場のあり方を検討する有識者懇談会を設置すると発表した。東証第1部、第2部、マザーズ、ジャスダックと一般投資家向けの4つの市場の再編などを検討する見通し。東証と大阪証券取引所(現大阪取引所)が2013年7月に現物株市場を統合して5年がたち、投資家が使いやすい新たな市場の区分を模索する。

学習院大学大学院の神田秀樹教授を座長とした「市場構造の在り方等に関す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り636文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン