/

この記事は会員限定です

インバウンド支援 連携

ANAなど13社が協議会

[有料会員限定]

ANAホールディングス(HD)と三井住友ファイナンス&リース(SMFL)など13社が、自治体の訪日客の誘客支援に乗り出す。30日にホテル業や旅行業などで構成される協議会を立ち上げる。主に地方で訪日客を誘致したい自治体の要望を、需要発掘、資金調達や事業化、プロモーション、販売まで窓口を一本化して幅広く支援する体制を整える。

新設するのは「地域創生インバウンド協議会」。ANAHDやSMFLが発起人と

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り441文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません