大学、リスク投資に軸足
玉川大や早大、株式や代替資産 少子化で財政難対応

2018/10/30付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

国内の大学が積極的な資産運用に動いている。玉川大学は10月からヘッジファンドなどへの投資に踏み切った。早稲田大学や国際基督教大学(ICU)も株式などリスク資産の運用を増やしている。超低金利が続き、現預金や債券運用には手詰まり感がある。少子化で学費収入の増加も見込めないなか、運用益を奨学金や研究開発費に充て、大学の競争力を高める。

玉川大は大学の資産運用を支援する「大学資産共同運用機構」を通じ、1…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]