/

この記事は会員限定です

(社説)高成長でも下振れの懸念拭えぬ米経済

[有料会員限定]

米国の7~9月期の実質経済成長率が、前期比年率で3.5%(速報値)となった。大型減税の効果もあって力強い景気回復が持続し、2%弱といわれる潜在成長率を大幅に上回った。

しかし貿易戦争の激化や金利の上昇による景気減速の懸念は拭えず、金融市場もそのリスクを嫌気して不安定になりつつある。米当局も細心の注意を払って政策運営に臨まざるを得ない。

7~9月期の高成長をけん引したのは個人消費の増加だ。雇用や賃...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り708文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン