愚直な実験主義者 西沢潤一さん死去
追い求めた独創性

2018/10/27付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

日本の半導体研究をけん引し、エレクトロニクス産業の発展を支えた西沢潤一さんが亡くなった。日本人が備える独創性を信じ、常に最先端の工学技術を目指していた。

1面参照

父親も東北大学教授を務めた研究者で、工学の道に進んだ。自ら「愚直な実験主義者」といい、厳しい指導で若い研究者から恐れられた。「日本は科学技術で国をつくっていかなければいけない」が持論。日本人はそれを実現する独創性をもっていると語って…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]