/

この記事は会員限定です

後発医薬品の使用割合

所得低い沖縄が首位 最低の徳島と18ポイント差

[有料会員限定]

特許が切れた新薬の成分を使って開発する後発医薬品(ジェネリック医薬品)は薬価が安く、患者負担を軽減できるうえ、医療保険財政の改善にもつながるため国も活用を推進する。しかし、その使用割合(数量ベース)は都道府県で差が大きい。

中小企業の従業員や家族が加盟する全国健康保険協会(協会けんぽ)によると、2018年5月診療分で使用割合が最も高いのは沖縄県の85.9%。同県を含む28道県が全国平均の76.0%...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り426文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン