信越化、純利益9%増
今期上方修正 塩ビ樹脂など堅調

2018/10/27付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

信越化学工業は26日、2019年3月期の連結純利益が前期比9%増の2900億円になりそうだと発表した。1%増の2700億円としていた従来予想を上方修正した。2期連続の最高益をさらに増額する。年間配当も従来予想から20円増の200円とする。塩化ビニール樹脂や半導体用シリコンウエハーで、堅調な需要を背景に値上げが浸透し、採算が改善すると見込む。

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]