メイクソフトウェア、破産申請 負債21億円 

2018/10/27付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

プリントシール機メーカーのメイクソフトウェア(大阪市)は24日、大阪地裁に自己破産を申請し、同日破産手続き開始決定を受けた。負債総額は約21億円。人気モデルを…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]