アベノミクスの「出口」巡り議論
慶応義塾大学教授 土居丈朗

2018/10/27付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

10月3日、ニューヨーク株式市場のダウ平均株価は、史上最高値を付けた。この株高は正当化できるものなのか、それともバブルか。米エール大学教授のロバート・J・シラー氏(週刊東洋経済10月20日号)は、投資家は上げ相場が続くと信じ込んでいるが、その自信の根拠はよくわからないとみる。

株高の根拠は、好調な企業業績だが、企業業績はそもそも不安定なものであり、市場参加者は企業業績に過剰反応してはならないこと…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]