/

この記事は会員限定です

士業独占に風穴?

ITで商標登録支援は「適法」

[有料会員限定]

法律関連の業務をIT(情報技術)で効率化する新サービスを巡って、既存の規制に抵触しないことを政府が示すケースが出始めている。10月には商標登録手続きの一部をITが支援する企業サービスが「お墨付き」を得た。弁護士や弁理士、司法書士などの士(サムライ)業が独占する法律関連分野の新サービスが盛んになりそうだ。

自社のサービスへの規制適用の有無を事業者が所管省庁に確認できる制度は「グレーゾーン解消制度」と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り640文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン