/

この記事は会員限定です

慢性膵炎の仕組み解明

近畿大、原因たんぱく質特定

[有料会員限定]

近畿大の渡辺智裕准教授らは、過度の飲酒などが引き金になる慢性膵炎(すいえん)の発症の仕組みを突き止めた。2種類のたんぱく質が関わっており、マウスを使った実験で見つけ、患者の細胞で確かめた。慢性膵炎の根本的な治療法の開発に役立つ可能性がある。米科学誌「トレンズインイミュノロジー」の電子版に26日発表した。

慢性膵炎は過剰...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り160文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン