/

この記事は会員限定です

国立成育医療研究センター「もみじの家」 内多勝康さん

「医療的ケア児」に寄り添う(5)

[有料会員限定]
  もみじの家は家族が一緒に泊まれる個室が5室、3人部屋が2室。最大で11人の子供たちが一度に泊まることができる。

開所当初は、利用人数を3人に抑えました。それにはわけがあります。入院とは違う「短期入所」という新しい事業への挑戦。看護師、保育士、介護福祉士などの複数の職種が連携してケアに臨む、これまでにない取り組みです。

さらに、もみじの家には常駐する医師がいません。深夜から早朝にかけては、夜勤...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り988文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン