/

この記事は会員限定です

「米1強」揺らぐ期待 世界株安、日経平均は822円安

米中「新冷戦」 浮かぶリスク

[有料会員限定]

世界の株式市場が再び同時下落に揺れた。24日に米ダウ工業株30種平均が600ドル超下げると、25日は日経平均株価が822円(4%)下げ7カ月ぶり安値水準となった。米中貿易摩擦や米利上げ、地政学リスク等々、山積する不安材料をよそに足元絶好調の米国経済・企業収益に焦点を絞る形で上昇し続けた株価。「米1強」への期待が揺らぐと同時に、ゆがみの巻き戻しが始まった。(

1面参照)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1514文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン