/

この記事は会員限定です

新潟大、肺炎薬物質を共同研究

北里大と契約

[有料会員限定]

新潟大学は北里大学と新薬の開発に向けた共同研究契約を結んだ。肺炎などの治療薬づくりにつながる化学物質の合成と効果の確認に取り組む。プロジェクトには2015年にノーベル生理学・医学賞を受賞した大村智・北里大特別栄誉教授も加わり、助言や企業との研究の橋渡しをする。

共同研究は21年9月末まで取り組む予定。今後3年間で新薬の候補となる物質をつくった後に、マウスを使った実験で効果を確かめる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り191文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン