/

この記事は会員限定です

「のれん」定額償却 米国会計基準も導入探る

負担増、企業の反発必至

[有料会員限定]

米国会計基準をつくる米財務会計基準審議会(FASB)は24日に評議会を開き、企業のM&A(合併・買収)で発生する「のれん」の会計処理について協議した。上場企業にのれんの定額償却を導入する是非について議論を開始し、企業や投資家から意見を募ることを決めた。償却が導入されれば多額ののれんを抱える企業への影響は大きく、反発も出そうだ。

「償却はコスト面で企業の大きな負担になる」「投資家視点で考えると減損は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り896文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン