/

この記事は会員限定です

富士通、エリクソンと提携

5G基地局、海外展開急ぐ

[有料会員限定]

富士通とスウェーデンの通信機器大手、エリクソンが次世代無線通信規格「5G」向け基地局の開発・販売で提携する。富士通は欧米市場で先行するエリクソンと組み、内需頼みのビジネスからの脱却をめざす。すでにNECと韓国サムスン電子が提携を発表しており、5兆円規模の基地局市場を巡る競争が激しくなってきた。

週内をめどに富士通とエリクソンが提携の覚書を交わす。5G向け基地局の機器を共同開発する。富士通が持つ機...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り518文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン