/

この記事は会員限定です

薬の原料 本来の姿を知る

明薬資料館

[有料会員限定]

明治薬科大学にある明薬資料館(東京都清瀬市、電話042・495・8942)は希少な生薬の宝庫だ。生薬の原料となる動物の剥製や植物を効能とともに紹介し、江戸時代に使われていた薬を作る道具も展示する。准教授の馬場正樹さんは「薬の原料や道具の本来の姿を見ることができる」と説明する。

目玉はかつて「麝香(じゃこう)」の原料として使われていたジャコウジカの剥製だ。絶滅危惧種に指定され、ワシントン条約で野生だ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り210文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン