5G基地局 日本で攻勢
サムスン・NEC提携発表 資金力・営業網に強み

2018/10/25付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

従来に比べ最大100倍の速度で通信できる次世代無線通信規格「5G」用基地局で24日、NECと韓国サムスン電子が提携すると発表した。5兆円近い基地局市場では新規格に移行する際、シェアなど市場構造が激変する。現在は両社を足しても5%弱のシェアにとどまるが、5Gで先行することで巻き返す。高速・大容量通信で生まれる新製品・サービスの取り込みも狙う。

両社は提携により、基地局に必要なアンテナや信号処理装置…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]